就業と退職

退職後の確定拠出年金で必要な手続きについて

前職では福利厚生が充実しており、企業が勝手に払ってくれる確定拠出年金に初めて入りました。

しかし1ヶ月で退職し、数か月無職後にまた再就職したのでややこしい。

 

確定拠出年金(企業)

企業型の年金 退職したら 六ヶ月以内に自分で手続きしないと強制移管で手数料がかかる。

 

そう、退職してなにもしていなかったらお金がかかるのです。

 

私の場合は1社目の新規で確定拠出年金に入り、1か月で退職、そして前の確定拠出年金を放置したまま、新たな職場で確定拠出年金を新たに作ってしまい、

2個ある状態になってしまった。

ぎりぎり6か月前後のとこで新たな職場のほうで確定拠出年金の移管手続きをしてもらうハメになりました。

 

こういった事が起きないように、確定拠出年金に入った後の退職をした際の正しい手続きパターンを載せておきます。

 

 

①退職後に6か月の間就業しない場合、確定拠出年金の返金手続きをする。

②次の職場で確定拠出年金に入る場合は、事前に前の確定拠出年金がある事を伝える。

 

以上、よろしくお願いいたします。