ヒッキーハック

【在宅テレワーク】1年間リモートワークを経験した私が使っている本当に必要なモノ、不要なモノ

remote-work-items

テレワークを始める事になったけど、どういったものがあればいいのだろう。

こちらはそういった方に向けた記事となっています。

コロナウィルスの影響でテレワークが話題になり、導入する企業が増えました。

私は2019年5月からリモートワークをはじめており、約1年ほど経とうとしています。

そこでよく使っている基本的なモノから、

あれば効率が上がるアイテムを紹介していきたいと思います。

パソコン ※必須

デスクトップパソコンかノートパソコンのどちらかが必須です。

スペックは高い方がいいですが、最低限として下記のもの。

  • OS:Windows 10以上、または最新のMac
  • CPU:Intel Core i5以上
  • メモリ:8GB以上

 

基本的にノートパソコンよりデスクトップの方が同じスペックで比較すると安いですが、持ち運ぶ事があるならノートパソコンを選ぶといいでしょう。

Officeも使いたい場合は、セットで入っているパソコンを選びましょう。


私はオフィスは手持ちがあったので、デスクトップはWindows10 Proのiiyamaモデルをパソコン工房で買ったもので。

ノートパソコンはMacBook Air Retinaのメモリを16GBにカスタマイズしたものを使っています。Macは高いです。

MacBookAir

 

インターネット固定回線 ※必須

光回線

在宅ワークでインターネットを使わないという事はありえないでしょう。

インターネットはNTTフレッツ光 au光 ソフトバンク光の使える光回線であれば特に問題ないかと思います。

現在はマンションで対応していたauであったので、ビッグローブ光を使用しています。

私の環境では朝に少し回線が途切れる事がありますが、問題なく使えています。

WIFIルーター

最近のノートパソコンにはLANケーブルが指せるものが少なくなっています。

そこでWIFIルーターが必要になります。WIFIルーターだけではインターネットができません。

必ず固定回線を契約しておく必要があります。

スマホやタブレットを使用する場合にもデータ残量を気にする事なく使えます。

モバイルルーター

在宅でしかテレワークをしない方であれば不要ですが、

外出先でもテレワークをしたい場合は必要となります。

公共のフリーwifiを使用する場合は、不安定でかつセキュリティの不安があります。

私は、どんなときもwifiやSPACE Wi-Fiなど民泊wifiを使用していました。

違約金もかからないので、使いたいときに注文すれば無駄な出費は減ります。
SPACE Wi-Fi

最近話題になっている楽天モバイルの楽天UN-LIMITも良さそうですよね。

4/10から新プランも出るNOMAD SIMにも注目です。
事務手数料がかかりますが、違約金速度制限がかかりません。
20G、100G、300Gの3つのプランがあり、300Gでも月4,200円とめちゃくちゃ安いです。
SIMフリーの端末をお持ちの方も、そうでない方も

今ならルーターもレンタル0円のようなので、気になるかたは試してみてはいかがでしょう。

モニター デュアルディスプレイ

ノートパソコンを使っている場合は、画面が小さいのでデュアルティスプレイをセットしての作業がおすすめです。

デュアルディスプレイではモニターを追加すると、画面上の作業スペースを広く使う事ができます。


MacBookAirでは余計な端子がついておらず、USB Type-CからHDMIへ変換するケーブルが必要になります。


パソコンモニターの方がパソコンの出力が最適化されていますが、モニターにお金をかけたくない場合は、今持っているHDMI対応のテレビで見れなくもないです。

キーボード・マウス

必要であれば、キーボードやマウスも用意する必要があります。

無線でも安くなっているので、ケーブルが邪魔であれば無線のキーボード、マウスもオススメです。

作業周りがスッキリします。

最初は無線で快適に使っていましたが、

電池の入れ替えが面倒なので、無線から有線に変えました。


作業机

机は広ければ広いほうがいいと思います。

理想はこういったL字型であれば作業がしやすいかと思います。

 

私は部屋の狭さの関係上、折りたたみが可能な机とイスで作業をしています。

最低限のスペースは確保できているはず。

イス

さきほどの作業机と一緒でスペース的に折りたたみセットを使っていますが

在宅ワークにおいて最重要だと思うのがイスです。

正直、ざぶとんを敷いて使っていますが長時間座っているとしんどいです。

理想は長時間座っても疲れにくい、ゲーミングチェアが良いと思います。

※GTRACINGのゲーミングチェアを購入しちゃいました。

もちろんお金に余裕がある方はアーロンチェアなどの高級オフィスチェアも選択肢に入ってくると思います。

スマホスタンド

1台目はミニ三脚を使用してスマホを立てていました。
こちらは縦にも橫にもなり使いやすいです。

2台目はiPadを立てたいので購入しました。
スタンドの角度を調整できるタイプで、安くて使いやすいです。
もちろんiPhoneなどのスマホにも使えます。

スマートコンセント

スマホやスマートスピーカーから家庭内の電源のオン、オフが可能になるアイテムです。

私は、会社のパソコンにChorome Remoteで接続して作業をしているのですが。電源を切る事があるため、遠隔でも電源オン・オフができる必要がありました。
そこでスマートコンセントを使用しているます。
詳しく知りたい方は下の記事で解説しています。

ヘッドセット

電話やWEBテレビ会議などで利用しています。


通話はSkypeやLineを使っているので、ネットさえあれば電話ができるので通話料はいりません。Zoomも気になりますね。

スマートフォンでこれらのソフトを使っていい場合は、ヘッドセットも不要です。

コーヒー

コーヒーの香りは集中力が高まります。

おいしいコーヒーが飲みたい場合は、コーヒーメーカーを使ってもいいでしょう。

オフィス感も出ますし。


ちなみに私は半年ほどコーヒーメーカーを使っていましたが、洗うのが面倒になってインスタントに戻りました。

空調

ヒーターや扇風機、エアコンは必須です。オフィスにいるときと変わらない快適な環境は自腹で整えましょう。

室内運動ゲーム

在宅ワークになると、部屋から一歩も出ずに仕事ができますが。

完全に運動不足になります。毎日いやいや通勤していたあの作業も実は立派な運動だったと気づきます。

おすすめの運動ゲームはリングフィットアドベンチャーフィットボクシングBeat Saberです。

リングフィットアドベンチャー

Nintendo Switchのゲームで、リングを使った筋トレで敵を倒していくゲームです。

ゲーム性が高く楽しいです。

フィットボクシング

Nintendo Switchのゲームです。屋内でボクササイズが楽しめるゲームです。

 

Beat Saber

PlayStation VRを始めとしたVR機器でできるリズムゲームです。

2つのPS Move が必須となっています。

Beat Saber

 

スマートスピーカー

Alexaを使っています。


他の作業をしながら、天気・時間・ニュース・音楽を聞いたりしています。

忙しくリモート作業をしていると、

「あれ、今週コンビニ店員としか会話してなくね?!」

ふと声を出してみると出にくい状態になっていることも。。。

スマートスピーカーと喋る事は意外と大事だと思いました。

 

 

不要なもの

用意してしばらく利用していたが、不要だったものはこちらです。

  • ゲーミング座椅子
  • ノートパソコンスタンド
  • Apple Watch

机を使わず、地べたで作業をするスタイルでしたが

疲れました。

まとめ

以上、在宅テレワーク・リモートワークで必要なアイテムでした。

仕事の状況などで本当に必要なものは変わってくるかと思いますが、

私はこれらで快適なリモートワークライフが手に入りました。

皆様のご参考になれば幸いです。