就業と退職

退職時に必要な手続き

よりぽです。

いつか再就職してやめたときのためにメモを取っておきます。

<前提条件>
・自己都合退職
・しばらく無職休暇をとるため、すぐの就職ではない。

退職中、または退職後会社より受け取るモノ

  • 雇用保険被保険者証(会社より郵送、または最終出勤日に返してもらう)
  • 離職票(会社より郵送、届くのが遅い場合は催促が必要)
  • 健康保険資格喪失証明書(国民健康保険に切り替える場合必要)
  • 源泉徴収票(確定申告に必要、退職後郵送される)
  • 年金手帳(会社で保管している場合は返却してもらう)

私の場合は、嫌がらせのように離職票と雇用保険被保険者証が届くのが遅く、催促したのですが責任者(社長)が1週間休みということでかなり遅れてしまった。

 

退職後の手続き

  • 失業保険の申請を現住所の直轄しているハローワークへいく。(すぐに就職する場合は必要ない)

離職票が必須。直轄しているハローワーク以外での申請は昨年から可能になったが、必ずそのハローワークを利用しなければいけなくなる。直轄であれば、他のハローワーク出張所を利用しても就職活動したという証明になる。直轄外のハローワークで聞いた話なので詳しくはハローワークへお問い合わせください。

(下記保険と年金の切り替えや相談はハローワークによっては説明が聞けたり、そのまま手続きが可能)

  • 健康保険の切り替え。
  • 年金の切り替え。
  • 国民年金の減免申請。(退職したら月々の支払いの必要はなくなる)
  • <会社都合の場合>住民税の減免申請

 

それではアディオス